自己紹介

こんにちは。
「一緒に画家めざソー!」
絵もブログも独学の
会社員、小濱(コハマ)です。
私は、ほぼ毎朝3時台に起きて、趣味で
描いてブログを書いております。
なぜ私はそんなに早起きして机に向かって
るかをご説明してまいります。
1 何も考えずに生きてきた青春時代
2 就職できたが、、、
3 やっぱり何か足りない
4 自分もプロの画家になれるのではないか?
5 進むべき方向は決まった
6 一緒に画家、めざしませんか?

何も考えずに生きてきた青春時代

私は小さいころから字を書いたり絵を描い
りすることが好きで、鉛筆でノートに迷
路を描いて作ったり「任天堂ゲームボーイ」
のソフト・テトリスのパーツをノートに描
て、アナログテトリスを描いたりしてい
特殊な子供でした。
図工・美術は好きでしたが、それ以外の教
全然だめでした。
学生時代は特に美術系の学校に進みたいな
とは考えておらず、文系の大学に進みま
した。
大学では授業はほとんど休むことなく授業
に出席ましたが、日々なんとなく過ごし
ていました。
大学4年の就職活動は上手くいかず結局、
舗設計の専門学校へ入学しました。

就職できたが、、、

専門学校を卒業し、店舗内装の会社へ就職
ました。
しかし、初めての会社員でしかも昼夜関係
働かなければいけない環境。
一日中眠く、ぼうっとしている毎日。
ある日、気づいたら前の車に追突。私は
り運転で、計2回追突事故を起こしてし
まいました。
ある日、現場にいたとき睡魔に襲われ、現
の端で寝ていたのが後に上司に伝わり、
その日の夜、私はその上司に現場で殴る蹴
を繰り返し受けました。
最後にビンタを耳に受け、キーンという音
ともに、鼓膜が破れ、、、っと同時に私
の気持ちも切れました。
会社に戻った私はそのままその会社を退職
ました。
その後はフリーター、飲食店の正社員を経
(飲食店でも辞める直前、割れたコーヒー
カップで手首を切り、縫う程のけがをしま
した。)
現在はライフラインの工事の仕事をしてい
す。

やっぱり何か足りない

絵を描くことは好きで、学校を卒業しても
学で筆画、水彩画、アクリル画を描い
たりしていました。
フリーターの時には、知り合いの展示スペ
で私が描いた絵を展示させてもらった
り、演劇をしている人からパンフレット用
の絵を依頼され描いたこともありました。
また私自身の結婚式のウェルカムボード
分で描いて式場に飾ったりもしました。
ある時、私の中でSNSが流行りだし、何か
たいと思いフェイスブックインスタグ
ラムなどでちまちま絵の投稿をするように
なりました。
ある日、プロの画家が書いたブログをみつ
読んでいったところ、その方は「売れる
絵」について書かれていて、さらには「展
覧会のリアルな状況」も投稿されていまし
た。
「これはなんだ!」
と私の中で衝撃が走りました。
絵の書き方のブログや本はあっても、絵の
り方が書かれたそれらは見たことがなか
ったからです。
しかも、それはブログなのでタダです。
私はそのブログを読み漁りました。そんな
中、その画家の方が私の住む家の比較的近
いところで展覧会が開催されることを知り
ました。
その展覧会開催前、私は
「どうせ自分には関係ない」
と思いました。ですが、なぜか気になり休
に出かけたところ、本当に当たり前のこ
とですが「実際にブログを描いているプロ
の画家に会う」ことができました。
私は過去に画家の方とお会いしたことがな
ったので、
まずは
「プロの画家と会えた!」
「現実にいた!」
というのが率直な感想でした。
「画家に会えた」
それだけで、自分の中で何かが変わり始め
した。

自分もプロの画家になれるのではないか?

その後も私はプロの画家の方が書くブログ
読み続けました。
そして、その方に絵のことについて質問
みることにしました。
すると、その方から返信がきました。
その方はお忙しいはずなのに丁寧にわかり
すくお答えくださいました。
何回か質問にお答えいただきました。
「色々質問しすぎて不快に思われないだろ
か。」
とも思いましたが、
「いやいや、遠慮していてはダメだ。
今質問しなかったら一生わからない
ままだ。」
と思いながら、どんどん質問して
きました。
そんな自分勝手な私に、どれもこれもわか
やすく真摯にお答えくださり、感謝の気
持ちしかありません。
毎回のやり取りが楽しみ毎回ありがたい
言葉ばかりです。
そんなやり取りをしているうちに私はこう
うようになりました。
「もしかしたら自分もプロの画家になれる
ではないか?」
プロの画家から頂いた現場の声を知り、今
で間違っていた方向が正しく具体的な目
わかりつつある今、私はそんなことを
思ってしまいました。

進むべき方向は決まった。

私にとって一番大きかったことは、プロの
家に出会えたこと。
そして、ラッキーだったことは、その方が
とても紳士的だったということで
す。
絵の描き方ではなく、絵を購入してもらう
を教えてくださいました。
プロの画家の、生の声を聴くことができた
験が、独学で絵を描いている私が1歩も2
歩もプロの画家に近づいた気がしました。
私も
プロの画家になり生計を立てたい!
自分の好きなことでお客様に喜んでいただ
たい。
と思いました。

一緒に画家、めざしませんか?

でも、私は独学で絵を描いているだけだか
説得力がないし、所詮プロではないから
プロ以外は初心者だ。
と思っていました。
しかし、
その画家の方は
「そんなことはないです。小濱さんが毎朝
起きして絵を描く中で見つけ出したこと
を描いていない人には想像できないこと
くさんあるはずです。」
「それはブログ読者にとって価値あるもの
!!」と、おっしゃってくださいまし
た。
えてみればそうです。
仕事で自分が何気なくやっていることに対
て人から「それ、どうやってやるの?」
剣に聞かれることがあります。
やっている人とやっていない人とのは意
とあるんですね。
自分では大したことがないと思っている
なのに、です。
自分にとって当たり前のことって他の人に
ってはだったり、わからないことだ
から教えてほしかったりします。
先ほど申し上げた通り、私は独学で毎朝3
台にき、絵を描いてます。誰かに頼
れたわでもありません。
約2年間、ほぼ毎日続けいます。もとも
絵を描くことが好きで、早起きにも慣れ
ました。
このブログではそんな私が絵の初心者から
するための
「絵の描き方」
「絵の上達方法」
「絵の素材の見つけ方」
「絵の道具の使い方」
「絵の材料の使い方」
「絵を描き続けるためのコツ」
「プロの画家になるためにやること」
などなど、なるべく簡単わかりやすく
するつもりでおります。
・まだ絵を描いたことがないけれど絵を描
 いてみたい。
・絵の勉強をしたい。
・どんな画材で描いたらいいかわからない。
・初心者で独学だけれどプロの画家になり
 た
絵に対して様々な立場で、様々な環境でほ
ぼそと趣味で描いている方々が大勢いら
っしゃることと思います。
私は現在会社員ですが、プロの画家とお会
して目標ができました。
それは、、、
「プロの画家になること」です。
私は独学で絵を描いていますが、初心者で
ないのかな?と思っております。
私は趣味で絵を描かれている方と一緒に
る絵を描けるようになるよう一緒に
を描ことを楽しみ、プロからは教えを乞
い、てそれを皆さんと共有できたらい
いなと考ております。
私はプロになるために毎日試行錯誤で絵を
いております。
プロになるのに正解はないし、逆に失敗は
いと思います。
唯一失敗があるとすれば、それは画家にな
ことを諦めてしまったときだと思ってい
ます。
道のりは長いと思います。
ですが、
私と一緒に絵の勉強をして、
プロの画家を目指しましょう!!
※「一緒に画家めざソー!ブログは、Am
azon.co.jpを宣伝しリンクすることによっ
てサイトが紹介料を獲得できる手段を提供
することを目的に設定されたアフィリエイ
トプログラムである、Amazonアソシエイ
ト・プログラムの参加者です。」