油絵のキャンバスの材質を間違えると大変なことになる話し



こんにちは、Takeshiです。

  • 油絵のキャンバスの材質のことを知り
    たい
  • 油絵に向かないキャンバスの材質はあ
    るのかな?

そんなお悩みにお答えします。

この記事を読んでいただくと
  • 油絵に適したキャンバスの材質がわか
    ります
  • 油絵に向かないキャンバスの材質がわ
    かります
  • 油絵に適したキャンバスで油絵を描く
    ことができるようになります

よかったら私と一緒に「油絵のキャンバス
の材質」について勉強していきましょう。

スポンサードサーチ

油絵のキャンバスに最適な材質は亜麻です

油絵のキャンバスに最適な材質には亜麻
使いましょう。

因みに亜麻の(読み方=あま)です。

油絵のキャンバスの材質は「亜麻」が良い理由

油絵のキャンバス材質「亜麻」が良い理由です。

亜麻の特徴
  • 油絵の酸化に強く
  • 織り目がしっかりしていて
  • 強度があり
  • 伸縮が少ない
  • 厚塗りや細密に描くのに適している

などの特徴があります。

なので、油絵でキャンバスを使う場合は油
絵のキャンバスには「亜麻」を使いましょ
う。

油絵のキャンバスの材質にあまり適さないのは「化学繊維」です

油絵のキャンバスの材質にあまり適さない、「化学繊維」とは

化学繊維は強度があり、滑らかな表面をし
ているみたいですが熱に敏感で収縮して永
久に変形するみたいです。

形が変わったらもとに戻らないと、描いた
絵にも影響が出てきてしまいますね。

スポンサードサーチ

油絵のキャンバスの材質にあまり適さないのは「綿」です

油絵のキャンバスにあまり適さない「綿」の特徴

また、綿は油の酸化に弱く厚塗りには不向
きです。

細密に描くには向いていますが、乾燥で裂
けやすく、湿気で伸縮しやすくなります。

これをご覧になって「少し使用を控えたい
材質だな」と思ったのではないかと思いま
す。

化学繊維と綿はあまり良い印象ではなかっ
たかと思います。

なので、油絵のキャンバスには亜麻を使っ
ておいたほうが無難かもしれません。

油絵のキャンバスの生地の材質、亜麻と麻の違いは?

麻は総称です。

インターネットの油絵のキャンバスの通販
では商品名には「麻」、商品の説明では
「亜麻」と表記されてあったので、「油絵
のキャンバスの場合は亜麻と麻では同じこ
とを言っているのだな」と思っていただけ
れば良いかと思います。

スポンサードサーチ

油絵のキャンバスの材質「布目」は絵に影響する

油絵のキャンバスの材質「布目」は絵に影
響するので布目のことも考えてキャンバス
を買いましょう。

布目(読み=ぬのめ)とは布を織った織り目
のような模様のことです。

この布目の細い、荒いによって油絵の描き
具合や仕上がりに影響が出てきます。

キャンバスは平織りという生地の織り方で
織られています。

糸の数や太さで織り目が変わってキャンバ
スの強度にも、描き味にも影響が出ます。

油絵のキャンバスの材質「布目」は3種類

油絵のキャンバスの材質のひとつ布目には
3種類ありまして、

キャンバスの布目
  • 荒目(読み=あらめ)
  • 中目(読み=ちゅうめ)
  • 細目(読み=さいめ)

以上からお好みのキャンバスを選ぶことが
できます。

荒目(油絵のキャンバスの材質)

荒目は織り目が大きく強度があるので大き
い作品向きです。

マットな印象を与えます。

目が荒いので薄くひと塗りしただけだと凹
凸が目立ち、ひと塗りの最後の方はキャン
バスの凹みが点になって見える状態になり
ます。

細目(油絵のキャンバスの材質)

細目は織り目が滑らかで強度が弱めなので
小作品向きです。

細密描写に向いています。

光沢感がある印象を与えます。

中目(油絵のキャンバスの材質)

中目は荒目、細目の中間の織り目です。

一般的な織り目の中目が一番好まれていま
す。

描き方によっては荒目より、細目よりどち
らにも寄せて描くことができると思いま
す。

まとめ

油絵のキャンバスに適した材質を、キャン
バスの素材と布目のことをご紹介しまし
た。

キャンバスに一番適した「亜麻」(麻)と一
般的な布目「中目」を選んで小さな作品1
枚から描いてみると良いかと思います。

最後までお読みくださいましてありがとう
ございます。



ABOUTこの記事をかいた人

現在東京在住。家族と5人暮らしです。 好きな生き方を模索しながら、独学で絵を描きブログを書いている「独学内向型会社員画家」です(笑)早朝にブログと絵の制作を行っております。 絵のモチーフは主に花、人物です。めちゃくちゃ描くのが遅いです。そこが課題です。ブログ運営は主に絵に関する記事を書いております。なるべくお役に立てる記事を書いてまいりますので、「いいね」や「フォロー」、メールなどいただけたらモチベーションに繋がります。よろしくお願いいたします。