油絵キャンバスの種類はある?キャンバスで描くメリットは?



こんにちは、Takeshiです。

油絵をキャンバスで描きたいんだけどキャ
ンバスにはどんな種類があるんだろう?

キャンバスにどんな下地がされているんだ
ろう?

そもそもキャンバスを使って描いたほうが
いいのか?

などなどキャンバスのことでいろいろ迷っ
ているのではないでしょうか?

今回は油絵で使えるキャンバスのことにつ
いて私と一緒に勉強していきましょう。

スポンサードサーチ

油絵で使うキャンバスとは

キャンバスとは油絵の支持体の1つで、支
持体とは鉛筆、パステルや絵具を支える面
を作るもののことです。

油絵の支持体ではキャンバス、木製パネ
ル、紙、壁などが挙げられます。

キャンバスは「平織りで織られた布」のこ
とで麻や綿などで作られたものなのだそう
です。

この平織りで織られた布のことを「帆布(は
んぷ)」と言います。

油絵で最も使用されている支持体がキャン
バスと言われています。

張りキャンバスとは

私たちが画材屋さんや、展覧会で見るキャ
ンバスはキャンバスの生地を木枠に張った
もので「張りキャンバス」と言います。

生地が釘やホチキスなどでピンッと木枠に
張って固定されています。

張りキャンバス表面を指で弾くと太鼓のよ
うな振動が伝わります。

逆にあまり張られていないキャンバスはそ
のような振動が伝わらないので、描いた絵
にも影響が出ると思います。

なるべくピンッと張っているものを使いま
しょう。

張りキャンバスは画材屋さんで買うことも
できますが、好きな布と木枠と道具を用意
すれば、自分で好きな材料で好きな張り具
合で張りキャンバスを作ることができます。

道具は大きな画材屋さんに行くと全て揃っ
ています。

カットキャンバス、ロールキャンバスとは

布のキャンバスはある程度の大きさにカッ
トされた「カットキャンバス」、長い布が
ぐるぐる巻かれてロール状になった「ロー
ルキャンバス」
があります。

下地処理がどう施されているか確認の上、
購入しましょう。

油絵のキャンバスの特徴


キャンバスは丈夫で軽く、くるくる丸めて
保存することができます。

描かれたキャンバスは釘やホチキスを抜い
て取り外せ、描いた表面を外側にし、丸め
て保存できます。

丸めた作品を保存し、残った木枠にまた新
たなキャンバス布地を張って絵を描くこと
ができます。

スポンサードサーチ

油絵、キャンバス布地の種類


キャンバスの選び方のひとつに布地の特徴
があります。

亜麻

亜麻 「ああさ」と読んでいましたが、「あ
ま」と呼ぶみたいです。「ああさ」って
(笑)。一般には「麻」と言われています。

亜麻は糸がしっかりしていて伸縮が少な
く、
油の酸化に強いみたいです。下地の定
着が良くて丈夫なので大作向きです。

様々な目的に対応できる生地で、一番人気
です。

綿

綿は繊細で滑らかな表面で細かな描写に向
いていますが、油で酸化しやすく厚塗り不
向きみたいです。

湿気で伸縮しやすく、乾燥すると裂けやす
いみたいです。

これを見ると油絵にはあまり向いていない
みたいですが、亜麻よりは安く手に入るみ
たいです。

ナイロン

湿気で伸縮が少なく、湿気に強いみたいで
す。アクリル画や水彩画などに適していま
す。

キャンバス布地の目

荒目

麻・荒目・下地処理のみ

麻・荒目・油彩専用

織り目が大きいのが特徴です。目が荒いの
で細密画には向いていないです。 強度が強
く大作向きで、艶のない印象を与えます。

中目

麻・中目・下地処理のみ

麻・中目・油彩専用

荒目と細目の中間です。一般的で多く使用
される目です。

細目

麻・細目・下地処理のみ

麻・細目・油彩専用

織り目が滑らかで細密向きです。しかし他
の目と比べ強度が弱く大作向きではないで
す。

スポンサードサーチ

油絵の張りキャンバスのサイズ


油絵に限ったことではないのですが、キャ
ンバスのサイズは規格「F」、「P」、
「M」、「S」、「SM」で表されています。

「F」はFiguraで人物
「P」はPaysageで風景
「M」はMarineで海
「S」はSquareで正方形
「SM」はサムホールです。

「号数」の数字が大きくなるとサイズも大
きくなっていきます。 はじめは0号から3号
号ぐらいまでのサイズを描いてみると良い
と思います。

画材屋さんによくある規格は「F」です。

画材屋さんで油絵に使うキャンバスを選ぶとき

基本的に説明書きされているのでわかりや
すいですが、油絵の場合「油彩・アクリル
兼用」や「油彩用」などと書かれているの
で、そのような表記のものを選ぶと良いで
す。

その他、木枠の素材や布地の素材によって
値段が色々あります。

はじめはあまり値段が高すぎないキャンバ
スを選んだほうがと思います。

スポンサードサーチ

油絵のキャンバスの下地の種類

油絵を描くときは下地処理が必要となりま
す。

下地処理が施されたキャンバスを買うの
か、自分で下地処理をするのかを決めまし
ょう。

下地処理の手順

①目止め

織り目の固定や酸化防止の目的で「膠」
(にかわ)など目止めを行います。

②地塗り塗料を塗る

目止めのあとさらに耐久性を高めたり、発
色を良くするために地塗りを施していきま
す。

油絵のキャンバスに塗る地塗り塗料の種類

地塗りの塗料の性質で、描き味が変わって
きます。

非吸水性下地

「乾性油と白色顔料」を練って作られた塗
料です。これは油性のキャンバスになりま
す。油絵具の艶を引き出します。

油性なので油絵のみにしか使用できません。

油分を吸わないので油絵具の乾燥が遅くな
ります。

この非吸水性下地には「ファンデーション
ホワイト」といった商品が販売されている
みたいなので、艶を出したい私はチェック
したいです。

半吸収性下地

「白色顔料、アクリルエマルジョン」を練
って作られたものはアクリル絵具、油絵、
テンペラに利用可能です。

「ジェッソ」と言われる商品がそれです。
私もジェッソを使用しています。扱いやす
いのでおすすめです。

また「白色顔料、膠水、エマルジョン」
練って加えたものは、テンペラ(顔料と卵
黄を混ぜ合わせて描いた絵具)と混合した
絵に適しているみたいです。

アクリル絵具でも使用できます。

吸収性下地

「白色顔料と膠水」で練って作られたもの
を使います。

吸着がよいアクリル絵具、テンペラ、油絵具
が使用可能です。

油絵具を使用する場合は油分を吸収して艶
のない画面になります。

まとめ

今回はキャンバスの特徴をお伝えしてきま
した。

キャンバス布地の素材、キャンバス布地の
目、絵を描く前の下地処理、またはサイズ
によって絵は変わってきます。

どのような絵を描きたいのか明確にして、
キャンバスを決めていきましょう。

まずは麻で中目の油彩用、F0号からF3号く
らいまでの張りキャンバスを1枚揃えるのが
良いかと思います。

すぐに油絵を描くことができますからね?

一度油絵を描いてみて、その描き味を確認
したほうが良いと思います。

最後までお読みくださいましてありがとうご
ざいます。



ABOUTこの記事をかいた人

現在東京在住。家族と5人暮らしです。 好きな生き方を模索しながら、独学で絵を描きブログを書いている「独学内向型会社員画家」です(笑)早朝にブログと絵の制作を行っております。 絵のモチーフは主に花、人物です。めちゃくちゃ描くのが遅いです。そこが課題です。ブログ運営は主に絵に関する記事を書いております。なるべくお役に立てる記事を書いてまいりますので、「いいね」や「フォロー」、メールなどいただけたらモチベーションに繋がります。よろしくお願いいたします。