【初心者必見】油絵の乾燥[まとめ]押さえておくべき4つのこと



こんにちはtakeshiです。

  • 油絵の乾燥のことが知りたい
  • ボカシやグレーズのタイミングがいつかわからない

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私は、油絵歴3年。
会社員をしながらほぼ毎日、ブログを書いています。
油絵の販売経験あり。

よかったら私と「油絵の乾燥」を勉強していきましょう。

【初心者必見】油絵の乾燥について押さえておくべき4つのこと

油絵の乾燥のことが理解できると、油絵の描き方のことも理解できます。

理由は…

  • ボカシ(他の色と混ぜて、複雑な色を出す)
  • グレーズ(透明色を複数層塗り重ねて、深みを出す)

上記のようなことが効率よくこなせるようになるからです。

ここから、油絵の乾燥について押さえておくべき4つを見ていきましょう。

1.油絵が乾く仕組み、それは酸化重合です。

まずは「油絵が乾く仕組み」を見ていきましょう。

油絵は、水彩・アクリル画(水分の蒸発)とは違い、酸素を取り込んで酸化して乾きます。

そして、表面乾燥から完全乾燥までゆっくり乾いていきます。

2.油絵が乾く時間は、表面乾燥が約10日、完全乾燥が約180日です。

表面乾燥とは、指触乾燥のことです。指触乾燥すれば、グレーズや下層の色が混ざらずに重ね塗りすることができます。

一方、完全乾燥は、塗った油絵具が中まで乾ききった状態です。また、油絵が乾く時間は6つの要素によって左右されます。

続きは下記の記事で…

3.油絵が乾かない

結論、油絵は絵を描き終えた日から「完全乾燥までは180日」かかります。

しかし、表面乾燥は速く行うことができます。

どうしても油絵が乾かないと思ったら4つを試してみましょう。

こちらも続きは記事でどうぞ…

4.油絵の乾燥剤

油絵の乾燥剤は、「樹脂」と「乾燥促進剤」の2種類があります。これらは乾燥を速めますが、多用すると絵具に影響が出たり、亀裂が起こったりします。

容量を守って使いましょう。

基本的に、初心者には乾燥剤はおすすめしません。

とはいえ、適量を守れば効果ありです。

まとめ

  • 油絵が乾く仕組みは酸化重合
  • 油絵が乾く時間は、表面乾燥が約10日、完全乾燥が約180日
  • 油絵が乾かない場合、表面乾燥は速められる
  • 油絵の乾燥剤は樹脂(メディウム)と乾燥促進剤の2種類ある、適量を守ろう

以上、油絵初心者が乾燥について押さえておくべき4つのことでした。
油絵の乾燥を知って、油絵の魅力を引き出していきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。



ABOUTこの記事をかいた人

現在東京在住。家族と5人暮らしです。 好きな生き方を模索しながら、独学で絵を描きブログを書いている「独学内向型会社員画家」です(笑)早朝にブログと絵の制作を行っております。 絵のモチーフは主に花、人物です。めちゃくちゃ描くのが遅いです。そこが課題です。ブログ運営は主に絵に関する記事を書いております。なるべくお役に立てる記事を書いてまいりますので、「いいね」や「フォロー」、メールなどいただけたらモチベーションに繋がります。よろしくお願いいたします。