油絵の黒色は使っていいの?黒を使うメリット・デメリット



こんにちは、Takeshiです。

あなたは油絵で、

  • 「黒色はあまり使うな!」
  • 「黒色は使うのが難しい」

というようなセリフを聞いたことはありま
せんか?

私は聞いたことがあります。なぜなんでし
ょう?

よかったら私と一緒に、油絵の黒色はなぜ
あまり使うなと言われているのか、なぜ黒
色は使うのが難しいのか?また、黒色のメ
リット・デメリット
について勉強していき
ましょう。

スポンサードサーチ

油絵の黒色、なぜ「使ってはいけない」と言われている?

なぜ油絵で黒色を使ってはいけないと言わ
れているのでしょう?

それはその昔、印象派の画家が黒色を使わ
ずに※補色を利用したので黒色を「もう使
わないよ」とする価値観が生まれたと言う
があったからです。

補色とは「反対の色」という意味で、
相環
という色の並びを円状にした色の一覧
のようなものの、色の配列で反対側にあ
る色同士が補色になります。

例えば、

  • の補色は色相環の反対側にある

   ⇔ 

ということになります。

印象派の画家は黒色を使わずに、例えば
色と、赤色の補色である緑色を混ぜて黒色
に近い色を作って黒を表現していたという
ことになります。

黒色を使っていけない理由はそれだけ?
思ってしまいますね。

他にも説があるとは思いますが。

なぜ黒色を使うのは難しいの?

黒色を使うのが難しい理由は黒色をたく
さん使ってしまうと絵が濁ってしまうか
らです。

濁りの原因は黒以外の色が黒色と混ざった
ときに色の鮮やかさが減少して色が濁って
見えるようになる
からです。

赤色が鈍いピンク色になったりして、なん
だか全体が暗い絵だなというようなことに
なってしまうんですね。

黒によって他の色が濁って鮮やかさが減少
してしまうために、黒色の油絵具を使わず
に混色で黒色を作って絵を描く画家の方も
います。

混色で黒を作ることによって色が鮮やかに
保てて、なおかつ黒の感覚を得ることがで
きます。

スポンサードサーチ

油絵の黒色のデメリットは

油絵で黒色を使うデメリットは以下のとお
りです。

  • 油絵具の黒色は絵具が乾燥するのに時
    間がかかる
  • 厚塗りできない(乾燥に時間がかかる
    から)
  • 画面を濁らせてしまう
  • 絵を描いている画面にゴミが付きやす
  • 絵を描いた画面がひび割れしやすい
  • カビが生えやすい黒色の絵具がある

油絵具の黒色はデメリットが多いですね。

油絵具に慣れない初心者は支持体(キャン
バスや木製パネルなど)の上で黒色と他の
色を混ぜてしまって絵の色が濁ってしま
い、自分が思ったとおりの絵ではなくなっ
てしまう恐れがあります。

油絵の黒色は乾きづらい、じゃあ乾燥を早めればどう?

油絵具の黒色は乾燥するのに時間がかかる
となれば乾燥を速めたい心理も働きます。

  • そして黒色の油絵具に乾燥剤を入れ

乾燥剤は適量を黒色の油絵具に混ぜるなら
良いのですが、

  • 油絵具に乾燥剤を入れすぎてしまう
    いうミスをする

と、※ちりめんじわが発生してしまいま
す。

※ちりめんじわ→漢字で書くと「縮緬皺」

一度では字が書けません(笑)

縮緬とは絹織物のことみたいです。ちりめ
んじわ
とは、このしわのことで一面に寄っ
た細かいしわのことです。

人の目尻に寄ったしわもちりめんじわと呼
ぶみたいです。インターネットで検索窓に
「ちりめんじわ」と入力して検索ボタンを
押すと「化粧品」が検索結果として出てき
ます。

いずれにしてもお肌は大切ですね。

スポンサードサーチ

油絵の黒色のメリットは?

この絵の黒い部分は、油絵具の「アイボリブラック」という黒色そのままを使って色を塗りました。

油絵の黒色のメリットは、単色のままで使
うことによって

  • 暗さが表現できる
  • 奥行きが表現できる

黒色のメリットはまた、デメリットの逆
いうこともできます。

  • 乾燥に時間がかかるので修正が用意
  • 他の色との濁りを利用できる

「他の色との濁りを利用できる」では、黒
色と他の色との際を混ぜると陰が表現でき
ます。

また、黒色の上に他の色を大胆に筆で円を
描くように描くと、絵が動いているような
表現ができます。

黒色にも様々な種類があり、白色と混ぜる
と赤っぽいグレーの色や青っぽいグレーの
色を作る
ことができます。混色で様々なグ
レーを使って絵を描くことで表現力が上が
りますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

黒色はデメリットが多いような気がしまし
たが、

  • デメリットをメリットに替え、濁らせ
    ることをはじめから意識して狙って黒
    色を使えると良いと思います
  • もちろん黒色を濁らせないで黒色をチ
    ューブからだしたままの黒色を使う
    ともありです

ちなみに私は「黒色はあまり使うな!」と
いう理由を黒は乾燥が遅くカビが生えやす
いなどのデメリットがあると思ったからだ
と考えていましたが、違ったんですね。

でも、印象派の人でも黒色を使った人がい
たみたいですけどね(笑)

最後までお読みくださりありがとございま
す。

よろしければ、

もご用意していますので、どうぞご覧くだ
さいませ。



ABOUTこの記事をかいた人

現在東京在住。家族と5人暮らしです。 好きな生き方を模索しながら、独学で絵を描きブログを書いている「独学内向型会社員画家」です(笑)早朝にブログと絵の制作を行っております。 絵のモチーフは主に花、人物です。めちゃくちゃ描くのが遅いです。そこが課題です。ブログ運営は主に絵に関する記事を書いております。なるべくお役に立てる記事を書いてまいりますので、「いいね」や「フォロー」、メールなどいただけたらモチベーションに繋がります。よろしくお願いいたします。