油絵具の乾燥促進は必要?そんなに乾燥を急かしていいの?



こんにちは、Takeshiです。

油絵具には乾燥時間を速める材料が販売さ
れています。

では、なぜそのようなものが販売されてい
るのでしょうか?

そもそもなぜ乾燥させる必要があるのでし
ょうか?

乾燥の仕組みは?メリットは?

今回は、「油絵具の乾燥」についてよかっ
たら私と一緒に勉強していきましょう。

スポンサードサーチ

油絵具はどうやって乾燥していくのか


油絵具の場合、油絵具に含まれる乾性油が
空気中から酸素を吸い粘り気が増していっ
て、糊そのものが液体から固形になりま
す。ですから、体積が変わらずに厚塗りの
表現が可能なわけです。

油絵具に対して水彩絵具はどうやって乾燥するのか

水彩絵具は、もともと固体の糊が水に溶け
た状態になって販売されています。水彩絵
具の水分が蒸発して固体で残った糊が顔料
を定着させます。

水彩絵具は水分が蒸発するので、体積が減
ります。色味も絵を描く前と後では変わっ
てくるみたいです。

スポンサードサーチ

油絵具の乾燥は気候による


油絵具は温度の高い低いで乾燥時間が変わ
るみたいです。気温の高い夏は乾燥時間が
短く、冬は夏の2~3倍の乾燥時間がかか
ります。

湿度は55~60%が最適のようです。

油絵具の中でも乾燥時間が違う


コバルトブルーやバーントアンバーのよう
な絵具の顔料に含まれる鉄、マンガンなど
の金属酸化物の影響で乾燥が速まります。
顔料が他の物質に影響を与えて、結果的に
乾燥を速めます。

逆に、ローズマターのような有機顔料や、
チタニウムホワイトのような無機顔料の金
属では化学反応を起こしにくいので乾きが
遅くなります。

スポンサードサーチ

油絵具の厚塗りと乾燥時間の関係

油絵具は薄く塗ることも厚く塗ることもで
きます。薄く塗れば乾きが速く、厚く塗れ
ば乾きが遅くなります。

キャンバスの目がわかるぐらいの薄さの油
絵具を塗った場合、乾燥時間は表面が乾く
のは24時間、油絵具を盛り上げた状態の
ものは6~7日かかるみたいです。

因みに画用液で乾性油のリンシードオイル
は大体2~3日、同じく乾性油のポピーオ
イルは大体4日で乾燥します。

油絵具の乾燥状態の流れ

それでは油絵具の乾燥状態の流れについて
みていきましょう。

スポンサードサーチ

油絵具の乾燥状態の流れ その1:準備期間

油絵具をチューブから出し、絵具を使うと
空気に接触します。このときは酸素の吸収
が始まって乾燥に向かう準備をしていま
す。

油絵具の乾燥状態の流れ その2:油絵具に粘りが出てくる

油絵具の表面を触ると粘着性を感じて触っ
た指に絵具がつくか、つかないかの状態で
す。

油絵具の乾燥状態の流れ その3:表面が乾燥してくる

油絵具の表面に薄い膜を張っています。
面が乾いていますが、中はまだ乾いていま
せん。

油絵具の乾燥状態の流れ その4:完全に乾燥する

全体に乾燥が進んで指で触っても指の跡が
残らない状態です。この状態は半年から1
年は要する長い時間です。

手を加えて油絵具の乾燥を速める方法

乾燥を速めるための方法を見ていきましょ
う。

「乾燥促進剤を混ぜる」という手を加えて油絵具の乾燥を速める方法

乾燥促進剤に、「シッカチーフ」がありま
す。このシッカチーフには非常に酸化しや
すい金属が使用されています。

シッカチーフを油絵具に混ぜると、シッカ
チーフの金属類が乾性油に酸素を供給する
役割を果たします。

油絵具に加えるとシッカチーフの金属類が
空気中の酸素とくっついて、結果的に油の
酸化促進の手助けをしてくれて乾燥時間を
短縮させることができます。

 

以下、「シッカチーフ」のご紹介です↓

乾燥促進剤の「シッカチフブラン」です。絵具を内部からじっくりと乾かしてくれます。

乾燥促進剤の「シッカチフクルトレ」です。表面と内部から強力に乾かします。

「樹脂を混ぜる」という手を加えて油絵具の乾燥を速める方法

「メディウム」というチューブ入りの樹脂
を油絵具に加えて乾燥を速めます。混ぜる
量に制限がなく、多ければ速く乾く仕組み
です。

しかし、それにも限度があり樹脂を混ぜた
油絵具は艶が変わったり、透明感が変わっ
てしまったりするので油絵具本来の性質を
失ってしまうかもしれません。

なお、メディウムは様々なものがあり「ク
イック」「超速乾」などというものがあっ
て、それぞれ艶や乾燥時間が変わってきま
すので、ご確認くださいませ。

 

以下メディウムのご紹介です。↓↓↓

半日~1日で乾燥するメディウム

「ストロングメディウムグロス」です。光沢があり内部からしっかりと乾いてくれます。

「ストロングメディウム」です。下塗りから上塗りまで自由に混合できます。厚塗りを内部から乾燥させてくれます。

数十分~数時間で乾燥するメディウム

速乾メディウムの「ラピッドメディウム」です。油絵具と等量混ぜると乾燥が時間単位で速くなります。

油絵具の乾燥促進は、なぜ必要なのか?

油絵具の乾燥促進の理由は、「乾いていな
いうちに加筆するとうまく油絵具が載らな
いから乾いた上から加筆したい。」「下に
塗った絵具を筆で拭ってしまう。」「前に
塗った油絵具の上から新しく塗ると油絵具
が濁る。」「作品を展示するまで時間があ
まりない。」ということだと思います。

油絵具を速く乾燥させて大丈夫なの?

樹脂や乾燥促進剤を使うメリットは速く乾
くこと。

当たり前ですね。

しかし、表面が乾いただけで全体はまだ乾
燥していません。また、乾燥を速めようと
乾燥促進剤を混ぜすぎると、油絵具の表層
と基層のバランスを崩して、縮みや亀裂が
生じてしまいますので、あくまでも適量に
留めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

油絵具の乾燥方法は、自然に乾燥させる方
法と手を加えて乾燥を促進させる方法があ
ります。速く乾かさないといけない理由が
ない限りは自然に乾燥させたほうが良いと
思います。

もし、何らかの理由でどうしても乾燥を速
めたい場合は、樹脂や乾燥促進剤を適量使
用して制作に支障が出ないように取り扱い
ましょう。

なお、メディウムには乾燥後に艶のある・
なし、タッチを残す・残さないといった仕
上がりに変化をつけることができるものが
あるので、その効果を上手く利用できれ
ば、作品にも幅が出てきて利用する価値が
出てくると思います。

いずれにしても「こうしたい!」と狙って
樹脂や乾燥促進剤を使用していきたいです
ね。

最後までお読みくださいましてありがとう
ございます。



ABOUTこの記事をかいた人

現在東京在住。家族と5人暮らしです。 好きな生き方を模索しながら、独学で絵を描きブログを書いている「独学内向型会社員画家」です(笑)早朝にブログと絵の制作を行っております。 絵のモチーフは主に花、人物です。めちゃくちゃ描くのが遅いです。そこが課題です。ブログ運営は主に絵に関する記事を書いております。なるべくお役に立てる記事を書いてまいりますので、「いいね」や「フォロー」、メールなどいただけたらモチベーションに繋がります。よろしくお願いいたします。