油絵具で黒色の濁りを検証!【写真解説】複数の濁りの差に違いあり?



こんにちは、Takeshiです。

油絵具の黒色の濁りが心配なんだけれど、
どのくらい濁るのか知りたい。

という方のために記事を描きました。

油絵具の黒色の濁りの簡単な実験をしてい
ます。

また、黒色の濁りを意識した絵のことも記
事にしました。写真付きでご紹介していま
すので、ぜひご覧くださいね。

それでは、私と一緒に油絵具の黒色の濁り
について勉強していきましょう!

スポンサードサーチ

油絵具の黒色、黒色以外の混色で作った濁りの検証

油絵具、黒色の濁り検証の目的

黒色は濁るから他の絵具と混ぜると、他の
絵具の色の鮮やかさが減少してしまうとい
うお話をしました。

詳しい内容は下の色つきの文字の記事から
ご覧いただけます。

油絵の黒色は使っていいの?黒を使うメリ
ット・デメリット

でのことです。

それでは

  • 油絵具の黒色はどのぐらい濁るのか?
  • また、黒色以外の油絵具で混色して作
    った黒色はどのぐらい濁るのか?

を検証してみたいと思います。

油絵具、黒色の濁り検証のやり方

それでは、油絵具の黒色の濁り検証のやり
方をご説明いたします。

  1. 木製パネルに下地材を塗る
  2. 下地材が乾いたら、油絵具の白色の線
    を、筆で地面と平行に塗る
  3. 最後に油絵具の白色の線の下に、油絵
    具の白色の線に重なるように黒色、ま
    たは混色で作った黒色をそれぞれ1か
    ら3回ぐらい白色の線と平行に塗って
    いく

以上のやり方で、油絵具の白色と黒色の重
なりでどのくらい色が濁るのか
を見ていき
ます。

下に写真を載せていますので、あなたの目
で確かめてみてくださいね。

①木製パネルに下地材を塗る

まずは、木製パネルに下地材を塗ります。

今回はモデリングペーストという下地材
使用して、下地を作りました、、、。

モデリングペーストをご存知の方は、「モ
デリングペーストって茶色かったっけ?
と、思われる方がいるかもしれません。

今回は試しにモデリングペーストに、カラ
ージェッソというジェッソに色がついた下
地材を混ぜてみました。

しかし木製パネルに下地材を塗るときはモ
デリングペーストとジェッソの両方を混ぜ
る必要はなく、

  • モデリングペーストのみ下地材にする
  • またはジェッソだけを下地材にする

だけでOKなので、ご安心ください。

下地材は一つだけ使えば大丈夫です。

因みに、木製パネルに下地材を塗る目的は
「木製パネルの〇〇を防ぐため」です。

木製パネルの詳しい内容は、

油絵を板に描こう!板って何のこと?板の
特徴を話します!

に書いていますのでよろしければご覧くだ
さいませ。

濁りの検証に戻ります。

②油絵具を白色の線で横に塗っていく

下地材が乾いたら、油絵具の白色の線を横
に平筆で塗っていきます。

なお、油絵具の白色「チタニウムホワイ
ト」の

  • 絵具の厚さ、絵具の量
  • 水の量※

はそれぞれ均一ではありません。

 

③黒色、または混色で作った黒色を塗っていく

最後に油絵具の白色の線の下に、油絵具の
白色の線に重なるように黒色、または混色
で作った黒色をそれぞれ1から3回ぐらい
白色の線と平行に平筆で塗っていきます。

黒色、または混色で作った黒色を塗り終え
ました。

下の写真の一番下の黒色が「アイボリブラ
ック」という油絵具の黒色を使用して板に
塗りました。

アイボリブラック以外の黒色は全て混色に
よって作った黒色で白色の下に塗っていま
す。

因みに、白色同様

  • 絵具の厚さ、絵具の量
  • 水の量※

はそれぞれ均一ではありません。

今回は「水に溶ける油絵具」を使用した
ので、「水の量」と書きました。

普通の油絵具を使用した場合は「水の量」
の部分に、「ペインティングオイルの量」
や「乾性油の量」があてはまります。

油絵の黒色、混色で作った黒色の濁りの検証結果!

それでは検証結果です。

結論

  • 油絵具の白色と、黒色との濁り
  • 油絵具の白色と、混色で作った黒色と
    の濁り

大きな差は見られませんでした。

もう一度お伝えしますが、

  • 油絵具の白色に混ぜた水の量※
  • 白色の絵具の厚さ絵具の量
  • 油絵具の黒色に混ぜた水の量
  • 黒色の絵具の厚さ絵具の量

それぞれ均一ではありません。

水に溶ける油絵具を使用したので、「水
の量」と書きました。

普通の油絵具を使用した場合は「水の量」
の部分に、「ペインティングオイルの量」
「乾性油の量」があてはまります。

スポンサードサーチ

【実際の絵で】油絵具の黒色、2つの油絵から濁りの検証

それでは、ここから実際に油絵で描いた黒
色がどのように他の絵具と混ざって濁って
いるのか、私が描いた絵でご覧いただきま
しょう。

下に2枚の油絵をご用意いたしました。2
枚の油絵は、いずれもはじから油絵具の黒
色と黒色以外の色を濁らせるつもりで、キ
ャンバス上で筆を使って色を混ぜていま
す。

【1枚目】油絵具で絵の洋服(黒色)と背景(黒色以外の色)を濁らせた

まずは、初級編です。

油絵具で人物画の洋服人物の背景を描
き、洋服の黒色背景、つまり黒色以外の
をキャンバス上で筆を使って混ぜまし
た。

絵は下の写真の絵です。

人物画の洋服には油絵具の「アイボリブラ
ック」という名前の黒色の絵具を使ってい
ます。

  • 洋服の黒色と、
  • 背景のピンク色

キャンバス上で、筆を使ってそれぞれの絵
具を混ぜました。

油絵具の黒色と背景のピンク色を混ぜたこ
とによって、黒色とピンク色それぞれの色
ぼかされて境が曖昧になり、やわらかい
表現になっています。

全体的に

顔の周辺は色の境が混ぜられてぼかされて
いるので、やわらかい表現になり、絵を見
た人の目線が、

  • 境目がぼかされていなく、はっきり描
    かれている顔に集中される効果

があると思います。

下の写真は、黒色、ピンク色を濁らせた部
分に矢印を記しています。

油絵具の黒色と背景のピンク色を混ぜた様
子を拡大すると、下の写真のようになりま
す。

1枚目、油絵具の黒色のアイボリブラック
という名前の絵具と背景のピンク色をキャ
ンバス上で、筆を使って混ぜた濁りの絵の
ご紹介でした。

【2枚目】油絵具で絵の洋服(黒色)と背景(黒色以外の色)を濁らせた

今度は、少し難易度があがります。

  • 洋服背景
  • 洋服の黒色と洋服の中の「光に当たっ
    ている部分」

を意識して濁らせて描いていきます。

早速黒色の濁りを意識した絵を御覧いただ
きましょう。下の絵です。

洋服といえばいいのか衣装といえばいいの
かよくわからないのですが、描いた絵の洋
服はパーティーで着ていくような特別な衣
の印象でした。

洋服のイメージは

  • 色が黒くて、鳥の羽のようにふわふわ
    しています。
  • 洋服のふわふわと背景の色が混ざり合
    うぐらいの柔らかい
    雰囲気がありま
    す。
  • そして、洋服を見た人が洋服を見る角
    度によってふわふわした部分に光があ
    たり、チラチラところどころ黒色が光
    っているように見える

そんなイメージを持って絵を描いていきま
した。

下の写真の番号を付けた部分が、黒色(ア
イボリブラックという名前の油絵具)に他
の色を混ぜて、黒色を濁らせた部分です。

洋服の柔らかさを表現するために、洋服の
黒色と背景の色を積極的に混ぜて、

  • 黒色と背景が濁ってぼかされることに
    よって

柔らかい雰囲気を出すことを意識しまし
た。

絵の中で言いますと上の絵の①・②・⑥の
ような濁りを指しています。

また、洋服が光を受けて明るくなっている
部分は、白色と紫色を混ぜてキャンバスの
上で黒色と混ぜました。

上の絵の中で言いますと、③・④・⑤とい
った濁りのことです。

絵を描くときの筆の動きは、あまりキャン
バスに筆の毛の部分を押し付けないで、な
るべくキャンバスから筆先を離して優しく
描きました。

筆をキャンバスに強く当てすぎると色がは
っきり出てしまって濁らせることができな
くなります。

例えば、今回の絵の場合ですと

  • 黒色の上に載せたい白色と紫色を混ぜ
    た色が黒色を覆い隠してしまい、白色
    と紫色だけが、黒色と濁らずに塗られ
    てしまう状態

です。

以下は上の絵の濁り部分を大きくした拡大
写真です。

因みに「濁る」とは

ここでは

  • 他の色が混ざって本来の色でなくなる

ということなので、

  • 洋服の黒色が濁って黒色ではなくなる
    し、背景のベージュの色も黒色と混ざ
    ってベージュではなくなる

ということになります。

⑥の絵は黒色と背景の色が徐々に混ざって
いる印象もあるので、ぼかしの要素が含ま
れているのかもしれません。

「ぼかし」とは

  • 色の境や輪郭などをはっきりさせずに
    あいまいな表現

ということです。

まとめ

今回は、

油絵具の白色の絵具「チタニウムホワイ
ト」と、黒色の絵具「アイボリブラック」
または黒色以外で作った混色の黒色との濁
具合

をご覧いただきました。

また2枚の絵をご覧いただき、

黒色の油絵具「アイボリブラック」他の
色を意識
的に濁らせた状態

をご覧いただきました。

黒色を使って様々な色と混ぜて塗り重ねて
みると、面白い濁りの効果があると思いま
す。

黒色でも何でもそうですが、1枚のキャン
バスの上で1つの絵具を使いすぎると色が
偏ってしまいますので、適量の絵具を使っ
てバランス良い色の画面を作っていけたら
と思います。

なお、油絵具の黒色に関しましては油絵具
の黒色のご紹介もしておりますので、よろ
しければ
油絵具の黒色の4種類の記事
もご覧くださいませ。

最後までお読みくださり、ありがとうござ
います。



ABOUTこの記事をかいた人

現在東京在住。家族と5人暮らしです。 好きな生き方を模索しながら、独学で絵を描きブログを書いている「独学内向型会社員画家」です(笑)早朝にブログと絵の制作を行っております。 絵のモチーフは主に花、人物です。めちゃくちゃ描くのが遅いです。そこが課題です。ブログ運営は主に絵に関する記事を書いております。なるべくお役に立てる記事を書いてまいりますので、「いいね」や「フォロー」、メールなどいただけたらモチベーションに繋がります。よろしくお願いいたします。